チンビスタ(ハイシジンのジェネリック薬)の飲み方と副作用

このページではファシジンのジェネリック薬チンビスタの飲み方と副作用について紹介していきます。日本でも処方されているファシジン(チニダゾール錠)は膣トリコモナスによる感染症の治療薬です。先発医薬品のファシジンと同様に高い効果と安全性の高さを継承しています。正しい飲み方を理解することで治療効果を高めるだけでなく、副作用のリクスも軽減できます。
※ファシジンは販売名がチニダゾールに変更されたためこのページでは、チニダゾールとして紹介していきます。

チンビスタ(ハイシジンジェネリック)

チンビスタ
チンビスタは、チニダゾール錠(旧名ハイシジン)のインド製のジェネリック薬です。トリコモナス症の治療で効果を発揮してくれます。非常に安価なのに高品質となっています。こちらのチンビスタは1錠500mgとなっています。
評価:5.0
内容量:1箱10錠
販売価格:1,680円
製造元:ザイダスカディラ
主成分:チニダゾール
決済方法:カード 銀行振込郵便振替
配送方法:自宅配送・郵便局留め可能
在庫:あり
本日注文すると最短で3月4日(日)に届きます。

こちらの商品は@通販で注文できます。ボタンを押すと購入確認画面に移動します。

500mg 1箱10錠
@通販 1,680円

口コミ

10錠でこんなに安いんだ! ★★★★★
10錠でこんなに安いなんてびっくりです(^◇^)トリコモナス膣炎はかなり焦ったけど、治すぞって決めてから薬を買って飲んで治ってはとってもスムーズでした♪再発はできればしてほしくないけど(笑)、もし万が一しちゃってもきっと大丈夫です!

福井県 女性

トリコモナス?? ★★★★★
トリコモナス???って初めて聞いたけど、調べたら性病の一種らしいです。というか症状が出たのでそれで調べたらトリコモナスが出てきました。とりあえずこれに効くというチンビスタを注文して使ったところ、良くなったので一安心です(^-^)

山梨県 女性

ジェネリック薬チンビスタについて

チンビスタは、アメリカの大手製薬会社のファイザー社が開発したファシジンを改良して作られた、後発医薬品「ハイシジン」のジェネリック薬です。ハイシジンは日本でも販売されていて、2013年に販売名称が変更になり現在は「チニダゾール錠」としてトリコモナス症の治療で処方されています。チンビスタはインドの製薬会社が販売している薬で、日本の厚労省で認可されていないため、国内では購入することができません。しかし、インド製のジェネリック薬は、低価格・高品質の特徴で全世界で流通しており、チンビスタも非常に低価格で購入できるメリットがあります。主成分は先発医薬品にあたるチニダゾール錠と同じチニダゾール(Tinidazole)です。

チンビスタの飲み方

チンビスタは、トリコモナス症の治療で処方されているチニダゾール錠のジェネリック薬です。元になった薬が処方箋用医薬品にのため、非常に高い治癒効果が期待できます。

チンビスタ錠500mg
2,000mg(4錠)を1回服用。
注意事項
投薬終了後に膣トリコモナスが検出した場合は、最低1週間は期間を空けてから服用する

トリコモナス症の治療では1回につき4錠を副作用して経過を見ます。ほとんどの場合、これだけでトリコモナス原虫が死滅し、症状が改善されます。もし服用後1週間経ってから再度膣トリコモナスが検出された場合は、最初の服用から最低1週間ほど間隔を空けてから、2000mg分(4錠)服用します。
因みに同じトリコモナス症の治療薬であるフラジールとは服用方法が異なります。

チンビスタを飲んではいけない人

チニダゾールに対して過敏症の既往歴のある人
血液疾患のある人
血液疾患を悪化させるおそれがある
脳、脊髄に器質的疾患がある人
類似化合物の長期投与により、脳波等に異常を認めたとの報告があるため
妊娠3ヵ月以内の妊婦、又は妊娠している可能性のある人
チニダゾールが胎児にも移行してしまう。また妊娠中の投与に関する安全性が確率されていない
けいれん発作を起こしやすい方

服用を注意する人

高齢者
腎臓疾患のある人
妊婦、産婦、授乳婦
小児

アルコールの注意事項

チンビスタの主成分チニダゾールを服用すると、お酒(アルコール)を飲んだ時の弊害となる毒性の強い「アセトアルデヒド」を分解する酵素が出にくくなってしまいます。このアセトアルデヒドは、二日酔い等の原因となる毒素です。通常の場合、アルコールを摂取するとこの分解酵素が働く為、頭痛や吐き気等の飲酒の悪影響を受けずに済みます。しかしチンビスタの主成分チニダゾールが、この酵素の働きを邪魔するため、顔が赤くなったり嘔吐や頭痛などの症状が出やすくなってしまいます。普段以上に泥酔しやすくなるため、チンビスタを服用した場合、3日間は飲酒は避けましょう。
また、エリキシル剤などのアルコール分を含む医薬品も、併用の際は注意が必要です。

チンビスタの副作用

チンビスタをトリコモナス症の治療で使用する場合、注意すべき点に副作用のリスクがあります。日本では処方箋医薬品に指定されている「チニダゾール錠」のジェネリック薬ですので、治療効果が高い反面、副作用が起こる可能性があります。

しかし主成分のチニダゾールは、非常に安全性が高い成分であると言われています。開発元のファイザー社の研究の賜物です。毒性が低いため、体への負担が少なく済みます。もし副作用が出たとしても、症状は軽微で済みます。何よりも重大な副作用がない点も、極めて高い安全性を証明してくれています。

重大な副作用

該当しない

主な副作用

過敏症:発疹
消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、胃部不快感、舌苔、腹痛、下痢等
血液:白血球減少
泌尿・生殖器:治療実施中にカンジダ・アルビカンス(Candida albicans)が出現
その他:頭痛・頭重、口渇、倦怠感、尿着色等

上記の症状が主な副作用となっています。発症頻度は極めて低い為安心して服用できます。

※参考資料:チニダゾール錠200mg「F」 富士製薬工業株式会社